渋谷の予防歯科クリニックで受ける唾液検査

渋谷の予防歯科クリニックでは、虫歯や歯周病を予防するための指導をしています。

虫歯や歯周病は、口の中に常在する細菌に感染することで発症する病気です。口の中にはいろいろな種類の細菌がいて、数やそのバランスにより虫歯や歯周病にかかるリスクは一人一人異なります。そのため渋谷の予防歯科クリニックでは、最初にサリバテストと呼ばれる唾液の検査をしています。

サリバテストでは、固いガム状の物を噛んで唾液を一定量採取してその中にいる細菌の種類やバランスを調べます。

虫歯の原因菌が多い人は虫歯のリスクが高くなりますし、歯周病菌が優勢になっている人は歯周病に照準を合わせた予防対策が必要です。虫歯も歯周病も、予防の基本は毎日の歯磨きです。



細菌は栄養分を使って増殖するとコロニーを作ってプラークとなり歯の表面に付着します。



このプラークに唾液の中のカルシウムなどが結着すると、歯石になります。

プラークや歯石の中には虫歯菌や歯周病菌がたくさん潜んでいますので、歯磨きでプラークを取り除き歯石が溜まらないようにすることが大切です。



これがプラークコントロールですが、セルフケアだけでは丁寧に磨いてもプラークを100パーセント取り除くことは困難です。

渋谷の予防歯科クリニックでは、唾液検査の結果から虫歯や歯周病のリスクをはかり患者さんごとに適した間隔での定期検診を勧めています。

定期検診では、PMTCといってクリニックでの専門的なクリーニングが受けられます。

PMTCでは磨き残しのプラークや歯石を専門的に除去するので、細菌の数を減らすことができます。

同時に歯磨き指導も行い、唾液検査でリスクを管理していきます。