渋谷の予防歯科クリニックで勧めるキシリトール

渋谷の予防歯科クリニックでは、虫歯予防のための指導やアドバイスをしています。

虫歯は、口の中にいる細菌が原因の感染症です。口の中にはとてもたくさんの種類の細菌が棲んでいますが、その中の特定の種類の細菌は口の中に入ってきた食べ物に含まれる糖分を使って酸を生成します。歯の表面は酸にとても弱いという特徴を持ち、この細菌が出す酸で歯の表面が溶けてしまうのが虫歯です。

渋谷の予防歯科クリニックでは、虫歯の原因菌の活動を抑えるという観点からの虫歯予防のアドバイスをしています。
そのひとつが、キシリトールの活用です。

キシリトールは糖アルコールの一種で、砂糖と同等の甘味がありますが虫歯の原因菌にとってはキシリトールを養分として酸を生成することができません。


そのためキシリトールを取り込んだ虫歯菌は栄養不足となり活発に活動することができず次第にその数も減っていきます。キシリトールは、甘味料としてお菓子などに使われている他、ガムやタブレットの形でも販売されています。



キシリトールのガムやタブレットには、虫歯菌の糖代謝をブロックするということの他に唾液の分泌を促進する効果もあります。



虫歯菌は元々口の中にいて、食事をする度に糖分を使って酸を生成し歯の表面を少しずつ溶かしています。

この状態を脱灰といいます。

そのままでは虫歯として進行してしまいますが、食後に時間が経つと唾液中のカルシウムなどのミネラル分が歯の表面に戻って脱灰が修復されます。これを再石灰化といいます。
キシリトールのガムやタブレットで唾液がたくさん分泌されると、再石灰化しやすい環境となり虫歯予防に効果的です。

渋谷のクリニックにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

渋谷の予防歯科クリニックでは、キシリトールの他にもフッ素塗布や歯磨き指導を行い総合的に虫歯予防をしています。