渋谷の予防歯科クリニックで定期的なフッ素塗布

渋谷の予防歯科クリニックでは、小児期の虫歯予防に積極的に取り組んでいます。子供の歯、乳歯や生えたばかりの永久歯は大変虫歯のリスクが高い状態にあります。
それは、歯の表面が軟らかくて虫歯の原因菌が出す酸に対する抵抗性が低いことや歯の表面の溝が鋭く深くて歯磨きがしにくいことなどによります。



渋谷の予防歯科クリニックでは、乳歯期から永久歯への生え変わり期においては定期的な検診を勧めています。

定期検診では、毎日の歯磨きで磨き残しとなった歯垢や歯石を専門的なクリーニングで除去します。歯垢や歯石の中には虫歯の原因菌がたくさん棲息していますから、定期的に専門的なクリーニングを受けることで口の中の虫歯の原因菌を減らすことができます。



渋谷の予防歯科クリニックでは、クリーニングの後にフッ素の塗布をしています。
フッ素は歯の表面の組織を強化する作用を持ち、虫歯菌の生成する酸に対する抵抗力をアップする効果もあります。

また口の中にフッ素があると、食事の時に虫歯菌が出した酸で溶け出した歯の表面にカルシウムなどのミネラル分が戻って修復する再石灰化が進みやすくなり虫歯予防に効果的です。

フッ素は、生えたばかりの表面が軟らかく未熟な歯によく作用することが知られています。



最近では、市販されている歯磨き剤の中にもフッ素が配合されているものが多くなっています。

市販の歯磨き剤に含まれるフッ素の濃度に比べ、渋谷の予防歯科クリニックで塗布するフッ素の濃度は大変高いものです。

渋谷の予防歯科では、市販の歯磨き剤を使った日々のケアと、定期的にクリニックで受ける高濃度のフッ素塗布を組み合わせた虫歯予防を推奨しています。